WE LOVE KEIBA ~3rd Season

観戦記を中心に競馬の事を書いてます

2020年日本ダービー無観客で実施決定に思う

新型コロナウイルスの影響で今年の日本ダービーは無観客での開催となってしまった。
今の状況で東京で10万人規模のイベントが行えるとは到底思えなかったのである程度は覚悟していたけど、正式に決定してしまうとやっぱり寂しいものだ。


私が初めてダービーを東京競馬場で観戦したのは2002年のこと。
勝ったのは武豊騎手が跨るタニノギムレットウオッカの父ちゃん)で、時の総理大臣小泉純一郎氏が来場して大盛り上がり、表彰式の後にはゲリラ豪雨に見舞われるという大変思い出深い初ダービーだった。
そしてそれ以降昨年2019年まで足掛け18年間ずっと競馬場でダービーを見続けてきた。
それはこの先きっと死ぬか病気で寝たきりになるまでずっと続けて行くものだと思っていた。
だからこんな形で連続参戦記録が途絶えてしまうのは無念としか言いようがない。
せめて20年の大台は達成したかった。


今年は皐月賞を楽勝したコントレイルが断然の主役。
だけどダービーを圧勝したとしても、それを生で目撃することはできない。
急逝したディープインパクトが残した最後にして最高の傑作かもしれない産駒のダービーを見る事が出来ない。
そしてそれ以外の馬が勝って、もしその馬の騎手がダービー初制覇だったとしても、ウイニングランで観客に祝福してもらうことも出来ない。
考えれば考えるほど寂しくてたまらない。


今はただ、同じく連続参戦記録が19年まで伸びてきているジャパンカップまでの事態の収束、そして来年のダービーDayを競馬場で笑顔で迎えられることを祈るのみだ。

2019年有馬記念

2019年 有馬記念参戦備忘録


2009年以来今年で11年連続、通算17回目の参戦。


瑞江第一ホテル泊、当日AM2:30起きで出撃

南門にて開門待ち、列の折り返し前半部分にて夜を明かす

最終列整理:6:20くらい

開門:7:30

開門ダッシュ:特に規制がなくグダグダ抜かし放題

スタンド一番手前の上段にどうにか2席確保

2019年有馬記念本命はアーモンドアイ

よもやの大惨敗で私の1日もトータル大惨敗

来年から再び最終開催日に戻るのでもしかしたら今年が最後の参戦になるかも!?

2019年ジャパンカップ

2019年 ジャパンC参戦備忘録


2001年以来今年で19年連続での参戦。


府中アーバンホテル泊、当日AM5:00起きで出撃

雨のためか混んでいなく、第一陣の最後尾につく

列完全規制:7:40

開門:8:00

開門ダッシュ:第3陣くらい?

雨で路面が滑る中無事に上方の足掛け席をゲット、しばらくは座席はすべては埋まらなかった模様

2019年JC本命はユーキャンスマイル

馬券は3連単フォーメーションで大ハズレ


しかもノーホーラ

勝者はスワ―ヴリチャードでした。

f:id:tylor_tylor:20191124084040j:plain

2019年ジャパンカップ

 

f:id:tylor_tylor:20191124084941j:plain

ディープインパクト

f:id:tylor_tylor:20191124085031j:plain

ディープインパクト

 

地方のオッズはめまぐるしく変動する

Road To 東京大賞典わらしべ長者への道

 

4回戦 第4ラウンド マイルチャンピオンシップ南部杯 Jpn I


久しぶりに4コロ目挑戦です。
好調だった時期から少し間隔があいてしまったのが若干不安ですが、今年も残り3か月を切っているのでガンガン行きたいと思います。
ターゲットは盛岡競馬場で行われた交流GIの南部杯


今年のメンバーを見てまず目に留まるのはゴールドドリーム
これは仕方がない。
2017年のチャンピオンズカップ以来8戦連続で連対中で安定感はピカ一。
相手関係的にもまず崩れるシーンは想定できない。
それだけにさすがにオッズは単勝1.2倍のガチガチ。
これで行っても良かったんだけど、万が一足元をすくわれて2着とかになったら目も当てられない。
複勝では買えないし、だったら残り2議席を狙って他の馬の複勝で勝負しようと思った。

白羽の矢が立ったのはこの馬。

f:id:tylor_tylor:20191014173613j:plain

マイルチャンピオンシップ南部杯 2019

 

アルクトスに前回からの転がし額2500円を託した。
前走プロキオンSではマテラスカイが断然人気の中、インからするする抜け出して見せた。
今シーズンのダート路線で一番の上り馬かもしれない。
目下の勢いなら馬券内はおろか、勝ちまでも意識できるところ。
購入した時点では複勝も1.5倍くらいあったので実に美味しい。

レースがスタートし、アルクトスは仕掛けながら先団につけ、手応えが良いまま好位置をキープして進んでいた。
逆にゴールドドリームはメンバーを考えれば若干遅れ気味。
これはもしやもあるかも・・・。
そう思いながら最後の直線を迎えた。
結果は・・・。


1着  3 サンライズノヴァ
2着  4 アルクトス
3着 13 ゴールドドリーム


という事で、勝ったのは手応えが良かったアルクトスをさらに上回る勢いで一気に先頭に立ったサンライズノヴァだった。
久しぶりにこの馬のこんな活気あるレースぶりを見た気がする。
アルクトスはしぶとく粘って2着。
ゴールドドリームはどうにかこうにかの3着とこの馬としては惨敗に終わった。


的中できたので良かったのだが、問題はオッズだ。
アルクトスの複勝は1.1倍。
おーい、あわや元返しですやん。
ずいぶん急降下したものだね。まぁ考えてみれば当然なのかもしれないけど。
地方のオッズは買った時点と締め切り直前とでは大きく変わることを忘れていたよ。
それでも、ゴールドドリーム単勝1.2倍に行って外したよりも当たっているだけマシだ。

結果的に、企画4連勝で払い戻し額は2750円。
次回は端数の50円足しで2800円で勝負します。
JBCまで間が空くので、大井か川崎の重賞で行くかもしれません。


注:次戦にて外してしまい、モチベーションが下がってしまったことでこの企画は凍結します。。。

2019凱旋門賞所感

凱旋門賞、LIVEで見ました。
エネイブル3連覇ならず!
多くの観客はそれを観に来てただろうに、あそこまで行ったら勝って欲しかったね。
ただ馬券はエネイブルの2着付けで買っていたので、勝ったヴァルトガイストをチョイスできなかったのは痛恨ではありますが。


日本馬は大惨敗でしたね。
日本馬の依頼がない武豊騎手が名もなき外国馬で日本勢に先着していたのが痛快だった。
まぁ今回は日本の阿保みたいに時計の出る競馬に慣れた馬にはきつい馬場だったかな。
一種の異種格闘技戦みたいなものだから仕方がないよね。
逆に言えばヴァルトガイストにしろ、エネイブルにしろ、ジャパンカップに来てもアーモンドアイやサートゥルナーリアなどには絶対勝てないだろうし。
いつかドンピシャで適性が嵌る強い馬が出走した時に念願がかなうのかもね。


しかし個人的には猫も杓子も凱旋門賞挑戦をぶち上げるのではなく、やっぱり歴史に名を残すようなチャンピオンホースにのみ挑戦して欲しいと思うよ。
馬場適性云々よりもそもそもの能力が足りてないと思うもの。
正直、今回の3頭はごくごくありふれた普通のGI馬であって、歴代最強馬論争に登場するような連中じゃないものね。
ナカヤマフェスタが好走したあたりからちょっとGI勝ったら何でもかんでも行くようになっちゃった気がする。
そんな今年の凱旋門賞を見ての率直な感想でした!

ノってる時はガンガン行く

Road To 東京大賞典わらしべ長者への道

 

4回戦 第3ラウンド レディスプレリュード Jpn II


昨日のナナコキッキングの勝利が記憶に新しい中、連日の勝負です。
地方交流重賞3連戦の掉尾を飾るのは大井競馬場で行われた牝馬限定戦であるレディスプレリュード
JBCレディスクラシックの前哨戦に位置づけられる大事な一戦です。
私の得意な大井重賞で昨日に続いての連勝を狙うことにしました。
最近ノってきたような錯覚があるので、そういう時は時間を空けずに攻めておきましょう。


メンバーを見てまず目についたのはプリンシアコメータ。
安定感が抜群で岩田騎手の内枠という事だけで食指が動きます。
しかし前走実際負かされているアンデスクイーンが再び1キロもらいで出ていることからどうにも単勝には行きづらいところ。
されとて複勝では安すぎて話になりませんからね・・・他で行きたいと思います。


馬券内にJRA勢が入るのはほぼ間違いなさそうなので、その中で一番妙味を感じる馬をチョイス。
白羽の矢を立てたのはこちらでした。

f:id:tylor_tylor:20191003201534j:plain

レディスプレリュード 2019


1月以来の休み明けとなるラビットラン。
しかし当時はスランプになりかけていたので休ませて正解だと思ってました。
久々でリフレッシュできてれば、ダート戦で馬券にならなかったことがない実力が発揮できそうと踏みました。
ただプラス30キロで出てきた時は唸りましたが・・・(;´∀`)

結果は・・・


1着   2 アンデスクイーン
2着 10 ファッショニスタ
3着   8 ラビットラン


レースは1番人気のファッショニスタが抜けだしたところにアンデスクイーンが襲い掛かり勝利。
大井の戸崎!って勝ちっぷりでしたね。
ラビットランは逃げ粘ったクレイジーアクセルを最後の最後で差してくれて何とか3着確保。
薄氷を踏む思いでしたがどうにかこうにか複勝を的中できました!
プリンシアコメータは内で揉まれて惨敗。あぶねぇあぶねぇ(-"-;A 
これでこの企画久々の3連勝。本当に波に乗り出した!?
ちなみに3連単も的中、ごっつぁん戸崎!

複勝は1.8倍。2520円の払い戻し額となりました。
次戦は端数の20円をカットした2500円での勝負となります。
この勢いでガンガン行きたいのですが、適当な交流重賞がないんですよねぇ。
エーデルワイス賞は大の苦手門別なので論外だから南部杯まで待機かなぁ・・・。

藤田菜七子騎手、初重賞制覇おめでとう!

Road To 東京大賞典わらしべ長者への道

 

4回戦 第2ラウンド 東京盃 Jpn II

 

日本テレビ盃からの転がし2戦目に選んだのは大井競馬場で行われた交流重賞東京盃
個人的に地方では大井が一番相性がいいと思うので、ここで連続的中と行きたいところです。
今年のメンバーは地方スプリント路線の総大将であるキタサンミカヅキが不在ということもあり、注目されたのは何といってもコパノキッキング。
フェブラリーS以降ずっと藤田菜七子騎手が手綱を取り続けるもののなかなか勝てずにいる中、メンバーに恵まれた今回が最大の重賞勝利のチャンスと思われた。


ただ馬券をどう買うかで悩んだ。
連勝式では一長一短の相手を絞り切れる気がしなかったので、買うなら単勝かと。
しかし問題はオッズで、一時は1倍台前半だったのでさすがにそれはなぁと思っていたところ、最終的に1.5倍で落ち着いたっぽかったので頃合いとみて単勝で行くことにした。
何気にこの企画、単勝ってケースはあんまりないんですよねぇ。
っていうか初めてかな。
今回はさすがに勝つだろ、菜七子しゃん!ってことで応援馬券の意味も込めて。

 

f:id:tylor_tylor:20191002201900j:plain

東京盃 2019


前回からの転がし額900円を託しました。
そして・・・。


1着  2 コパノキッキング
2着 12 ブルドックボス
3着 11 サクセスエナジー


ということで、

 

初重賞制覇おめでとー!藤田菜七子騎手!


逃げましたね。
スタートが良く、そのまま行き切ったのが最大の勝因だった。
正直このメンツでは内で包まれる恐れのある差しよりも、行っちゃった方が勝機は上がると思っていた。
その通り乗ってくれたのだからたいしたものだ。
結果、圧勝だったものね。
これでもう重賞でも無駄に騒がれることなく余計なプレッシャーも感じず普通に乗れるようになるんじゃないか。
次は交流GI勝ちを目指す?それとも中央の重賞?


菜七子しゃんが勝って馬券も当たって何よりです。
払い戻し額は1350円。
次戦では端数の50円足して1400円勝負となります。
記念馬券でとっておく?
・・・それはどうですかね💦